私に似たあなたへ

毎週土曜日の19時頃に更新します。コメントも同じ曜日に返させていただきます。

犬や猫を愛らしいと感じる理由

こんばんは竜之介です。
 
先日はお休みをいただきまして
ありがとうございました。
 
おかげさまで、
 
大きく口を開けた時は若干痛むものの
親知らずを抜いた痛みから解放されています。
 
ある種の悩み事が解決されて
晴れ晴れとした気分になりながら
 
何の話をしようかと考えていると
いつの間にかYoutubeで犬と猫の動画を開いていました
その可愛らしさと愛らしさに悶絶して奇声をあげていた所
 
ふと、
 
なぜ犬や猫を愛らしいと感じるのか考えてしまいました。
 
その考えた結果を話すか迷ったわけですが
頭から離れないので話してしまうことにします。
 

なぜ犬や猫を愛らしいと感じるのか
さて、
 
持論もとい仮説はすぐに出ます。
 
  1. 庇護欲をくすぐる性質を持っている
  2. 自分本位に愛すことができるから愛おしいと感じる
 
という事です。
 
1の庇護欲をくすぐる性質を持っている
という事については
 
言わずもがな。
 
幼さを感じさせる
大きな目、湿った鼻といった
人間の赤ちゃんの特徴を持っていること
 
成長しても幼さを感じさせるしぐさを
保持することから庇護欲をくすぐられる
 
というやつです
 
比較的よく言われていることですね。
 

自分本位に愛すことができるから愛おしいと感じる
この2つ目については
 
私自身でもその感じ方はどうなのと
眉をひそめてしまう訳ですが
 
  • 犬や猫にも感情や意思があることに間違いないが
    人間のほうが絶対的に有利なので抵抗することができないこと

  • 人間と違って犬や猫を溺愛していると
    オープンにしても特に何も言われないこと

  • 人付き合いが壊滅的に苦手だと感じている
    私が犬や猫に愛らしさを感じている実情
 
からそのように感じました。
 
そこはかとなく
ネガティブさを感じる
自分自身で呆れてしまう話ですね。
 

人を自分本位に愛すと嫌われる ということについて
これは、
 
18年と数百か月が過ぎた人生の中
これは間違いないと感じている持論です。
 
なぜその持論に至ったかというと
 
  • 学校でいい評価を得られなければ親から怒られた

  • かといって、いい評価を得ても喜ばれない

  • 父が私の顔に向かってヒゲを
    ジョリジョリを擦り付けてくるのが嫌だ
    と抵抗すると家族から過剰に反応し過ぎと言われる
 
そのくせに、
 
お酒に酔ったとか何らかの拍子に
急に距離間を詰めてくる。
 
アスペルガー症候群が原因なのかわかりませんが
私にはその行動が理解できなくて大嫌いで
今でも家族に対して苦手意識がある訳で
 
人を自分本位に愛すと嫌われる
という持論にたどり着くことになりました。
 

自分本位に愛してもいい対象は少ない
おかげさまで
 
人は自分本位に愛す対象としては、適当ではないと
 
どのくらい愛したら自分にとって
丁度いいのか勉強になったわけですが
 
自分の中のおじさんを愛してみたり
おじさんを通して自分を愛してみたり
人にありがとうと言ってみたり褒めてみたり
 
という遠慮した愛し方では物足りなくなってきます。
 
人というものは面倒くさいもので
時にはフルスロットルで愛したい生き物らしく
自分本位に愛すことができる対象が必要なようです
 
そこで登場するのがペットである
犬や猫というわけです。
 
愛玩動物とは中々に的を得た表現だな
 
と一人で感心したという話に着地して
今日のお話は終わりにしましょう。

 

死ぬ気で自分を愛しなさい

死ぬ気で自分を愛しなさい

 
本を愛しなさい

本を愛しなさい

  • 作者:長田 弘
  • 発売日: 2007/04/01
  • メディア: 単行本