私に似たあなたへ

毎週土曜日の19時頃に更新します。コメントも同じ曜日に返させていただきます。

筋トレによってメンタルは改善する

こんばんは竜之介です。
 
会社からお盆休みをもらったため
 
仕事への影響を気にせず
筋トレをしても良いと言うことで
タガが外れたように筋肉を傷めつけていました。
 
普段より強度の高いトレーニングをしたことで
翌日に大きな筋肉痛がやってくるわけですが
 
「良いトレーニングができたな」
「すごく頑張ったんだな」
 
と思えてこの痛みが愛おしいんです。
 
だから、私は思いました。
 
ここに来てくれたあなたにも
ぜひこの筋肉痛の充足感を味わってほしい。
 
と言う訳で今日は筋トレの布教がてらに
筋トレによってメンタルは改善するという話をしましょう。
 
人の悩みは、
 
お金・健康・人間関係
この3つに分類できると言われていますが
 
筋トレで大体解決できます。
 
具体的には
 
・焦燥感や不安感
・自尊心の低下
・睡眠不足
 
これらが解消されるので
間接的に解決できます。
 
どうして筋トレをすることで
そのような効果が期待できるのか
 
今から話して行きましょう。
 
----
 
最初は焦燥感と不安感です。
 
早くなんとかしないといけない
と感じ焦って不安になることなので
焦燥感と不安感はセットにしてお話しましょう。
 
焦燥感と不安感の何が
悪影響を与えるかと言うと
 
堂々巡りになって何の行動もできない
本来の自分の能力を発揮できない
対処できないことにより苛立つ
 
そんな状態になることです。
 
焦りや不安は形のない不気味な存在ですが
「何も行動できない状況」は打ち破る方法があります。
 
それが筋肉トレーニングです。
 
筋トレで筋肉を傷つけてやりましょう
筋肉を殺す気で追い込みましょう
 
そうすることで、
 
悩んだり心配する余裕が消えていきます。
 
人間はじっとしていると
悩むことを止められない生き物ですが
 
体中が酸素が必要な程に追い込めば
血液がドクドクと勢いよく全身を巡るのを感じます。
 
想像するだけでも気持ちが良くて
悩むことができなくなります。
 
筋トレで焦燥感と不安感は返り討ちにできます。
 
----
 
次は自尊心です。
 
自尊心が低いことは悪い
どうしてそう言われているのか
 
考えてみたことはあるでしょうか?
 
「ほっとけば」と思考停止していたので
私は深く考えた事はなかったので
 
ザックリとしか説明できませんが、
 
精神障害や依存症、自殺を引き起こしやすくなる
だから自尊心が低いのは悪いとされています。
 
精神障害を患っている私としては
耳が痛い話なのですが続けて行きましょう
 
自尊心を高めるには
自分を好きになるしかありません。
 
なら自分を好きになるには?
 
そうですね。
 
筋トレですね。
 
想像してみてください。
 
必死に努力をして鍛えることで
大きくなった自慢の腕と胸の筋肉
それを毎朝起きるたびに見ることができる。
 
1回もバーベルをあげれないくらい筋肉を追い込んだ
心臓はバクバク、腕もパンパンであがらない
身体は震えているのに充実感でいっぱい
 
自分の事を好きにならないわけがありませんよね。
 
----
 
最後に睡眠不足です。
 
十分な睡眠がとれないと
肉体的にも精神的にも健康に
悪影響を引き起こすと言われています。
 
具体的には、
 
イライラしやすくなる
反射神経や注意力が低下する
免疫力が低下して病気になりやすくなる
 
こんな悪影響があります。
 
『布団に入っても眠れない!どうしよう!』
 
はい。そうですね。
 
それを解決するが筋トレです。
 
筋トレによる疲労
体温の急激な低下
成長ホルモンの分泌
交感神経から副交感神経へのシフト
 
トレーニングが終わった後、
これらの要因から眠気に襲われます。
 
その眠気に脳と体に従うだけで
容易に眠りにつくことができます。
 
----
 
あと、どうしても話したいことがあります。
 
成長ホルモンの分泌が中々ロマンがある
と感じることができるという話です。
 
筋肉が大きくなるためには
筋肉に負荷をかけて筋繊維を破壊する必要があります。
 
破壊された筋肉繊維たちは
次はこの負荷に負けない筋肉になるという
決意を持ち強く大きく生まれ変わろうとします。
 
その際に成長ホルモンが分泌されます。
 
本来、成長ホルモンと言うのは
睡眠中に多く分泌されるものなのに
 
傷ついた筋線維を直すために
脳下垂体という所からドバーッ!
と成長ホルモンが緊急出動して筋肉を直そうとします。
 
物語風にいうと、
 
敗北した主人公(筋肉)が
次は負けないと強くなると決意を固めた所に
 
誰に目にも触れずに陰で活躍していた
実力者(成長ホルモン)手助けに現れて
主人公(筋肉)は急成長する立身出世の物語です。
 
筋トレをするだけで
このような物語が体の中で起きている
そんな風に考えるとテンションがあがります。
 
筋トレをしただけなのに
エンターテインメントも味わえます。
 
そう考えると、
 
筋肉痛も筋肉が激しい修行をしているだなと
思えてきて何だか愛おしくなりますね。
 
筋肉を愛おしく思えると
自分も愛おしく思えるので
自己肯定感の向上も期待できます。
 
----
 
少し長くなってしまったので
軽くまとめましょう。
 
筋肉痛だけでも気持ちが良いのに
 
筋トレによってメンタルは改善する
人の悩みは筋トレで大体解決することができる
特に焦燥感や不安感、自尊心の低下、睡眠不足に効果がある
 
ドラマも味わえるし
自分まで愛おしく思えてくる
 
だから筋トレをしましょう。
 
そんな話をしました
 
来週の土曜日の夜に
また、お話をしましょう。
追伸:
腹筋ローラーなら簡単に筋肉痛を味わえます。


追伸2:
他人にもわかるくらい目に見えて筋肉がつくと
周囲に自分以上に筋肉を身に着けているやつはいないんじゃないかと
いざとなれば力づくで脅威を葬れると思えてくるようになるので気持ちが楽になります。

 
だから、筋肉をつけましょう。