私に似たあなたへ

毎週土曜日の19時頃に更新します。コメントも同じ曜日に返させていただきます。

気持ちが良い本の読み方の話

 こんばんは竜之介です。
 
まず、言い訳をしましょう
 
本が楽しいのが悪いんです
 
はい。
申し訳ありませんでした
   
本に時間を使い過ぎて
投稿予定の時間になっても
ブログの記事に手を付けれていませんでした。
 
本のせいにしてでも
私は、精いっぱい私を擁護します
メンタルが豆腐なのですぐに鬱になっちゃいますからね。
 
さわりで話したように
私は本をたくさん読みます。
 
休みの日なら文庫本を
5冊以上読むことも珍しくありません
 
本と言えば
 
発売から5年以上たった本はとても安いです
中古で100円や200円で売られることも珍しくありません。
 
ジャンクフード感覚で本を読みたい
私としてはとてもありがたいと感じるのですが
 
中古の本も情報としての価値は変わっていないのに
どうしてこんなに安く買えるんだろう?
 
こんなことも思います
 
どうしてこんなに安いんだろう?
と言ったものの原因はわかっています
 
日本だけでも毎日200冊以上の本が
発売されているからです。
 
でも中古本は情報としての価値は減っていないのです。
 
100円や200円で買った本も
1月500円で読み放題の中から選んだ本も
 
定価で買った本と同じように
 
知識を学べるから楽しい
物語にふれることができるから楽しい
 
そう感じるのです。
 
こうやって文章を書いている最中も
読んでいる最中の本が気になって
 
ついつい本を読んでしまっています
 
本は自分からアクセスできて
勝手にやってこない所も好きなんです。
 
本の読み過ぎで全然記事が進みません・・・
 
ひらめきました。
 
本は面白いものです
いっぱい読みましょう
 
と読書を布教するお話しましょう。
 
---
 
本をジャンクフード感覚で読みたいので
中古の本が安くなるのは嬉しいと
言う話を少しだけしましたが
 
私が主に利用しているサービス
 
KindleUnlimitedの会員になって
毎月900円で電子書籍として本を読むのも楽しいです。
 
その一方で、
 
100~200円の紙媒体の本を
まとめ買いすることも好きなんです。
 
紙媒体の本ならザッと読んだ中で
面白いなって思ったところにカードを挟んで
 
読み終わった後
しばらく経った後
 
カードを挟んだ所を再度読み返すことで
 
あの時はこう感じていた
こんなことを考えていたな
 
とすごく鮮明に思い出せて
それが何とも言えない快感で気持ちが良いです。

 

そこが紙媒体の本の優位点ですね
 
つい強調しちゃいますが
本にカードを挟んで読み返すのは
本当に気持ちが良いのでぜひやってみましょう。
 
電子書籍だからすぐに読めるとか
場所を取らないとかすごく良い所があるので
 
正直、甲乙つけがたいのですが
 
どちらも
 
外に出る必要なくて
私にとってはすごく良いものだと感じます。
 
本はじっくり読まないといけない
と言う声もありますが
 
1人で周囲の目を気にせずに
ジャンクフード感覚で素早く大量に
本を読むのがすごい楽しいと思うんです。
 
さらに
 
気になったところを読み返すだけで
本当に気持ちが良いんです。
 
オマケで知識もついてきます。
 
一度で二度おいしいとはコレのことですね。
 
まだアフターコロナとかで外に出るのが
よくないとか言われてるらしいので
 
あなたも本を読むのはいかがでしょうか?
 
読書を布教する
お話にしたつもりでした。
 
本は神聖なものじゃないのだから
漫画感覚で手を取っていいと思うんです。
 
本を読みましょう。
 
という手抜き記事でした。 
 
今日読んだ本の一部です 
なぜ、脳は神を創ったのか? (フォレスト2545新書)