私に似たあなたへ

毎週土曜日の19時頃に更新します。コメントも同じ曜日に返させていただきます。

目を動かして トラウマを和らげる方法

こんばんは竜之介です

PTSD(心的外傷後ストレス障害)や解離性障害
トラウマ関連の障害に特化した心理学的技法
EMDRと言うのはご存知でしょうか
 
先生の管理のもと
安全な場所でトラウマな出来事を思い出しながら
顔を動かさずに先生の指を目で追うと言う心理的療法です

 
「は?眼球を動かすだけが心理療法?」

 
そんな馬鹿なと思いますよね

 
藁にも縋る思いだったので実際に続けたわけですが
わたしもはじめて説明された時は半信半疑でした

 
私の鬱はトラウマに起因するものが大きかったので
EMDRと言う治療法が効果的でした

今回はそんな

EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)
を知ったキッカケから実際にどんな方法なのか
この技法は実生活にどう生かせるのかをお話します

でも忙しい方のために

どのように実生活に生かせるか
先に結論をお伝えしましょう

 

不安に襲われたら安全に思える場所で
顔を動かさず眼球だけで部屋の左右を見て
安全な環境にいると言う事を脳にわからせてやれ
それで安全な環境ってわかったら自己弁護をしまくろう

  

安全な環境にいると 脳にわからせる

そうですね
人間が普段やっていることなんです

でも鬱になったりPTSD等になった人は
脳に安全な環境にいるということをわからせるのが
意識しないと自然にはできません

少なくとも私の時はできなかったんです

これが意識してできるようになると
あなたのトラウマは少し和らぎます

結論から話してしまいましたが

ここからはその結論に信ぴょう性を持たせる
エピソードの話をしましょう

鬱の治療のために病院に通ってしばらく経って
先生とのカウンセリングの中

たどたどしい言葉で私はこんなことを伝えました

 

ここはまだ安全じゃないんじゃないかって思うんです
夢で頻繁に前の職場のことが出てきて
まだ働いてて気持ち悪くて

 

今思い出すと
精神的に参っていてヘラり過ぎて
近付きたくないなと思うんですけれども

プロ意識の高いカウンセリングの先生は
EMDRと言うのを試してみましょう」
と言ってくれました

ヘラっている状態でもとっても面倒な人間なので
それはどういうものでどういう原理なんですか?
と簡単に聞いたところ

頭が全く働かなくなっている私に
このような説明をしてくれました

 

今回の場合だったら
私(先生)が指を左右に目いっぱい振ることを繰り返すので
それを目で追ってもらいます


その時にネガティブなことを思い出してもらいます
竜之介さんの場合だと職場の事を思い出すと思います
 
職場の事を思い出している時に
このカウンセリング室で動かした指を見て目を動かすと
ここは職場じゃなくて安全な空間にいると脳が認識してくれます

 
ネガティブな記憶を思い出しながらも
今は安全な場所にいると認識することで

 
あのトラウマ的出来事は過去の事だと
脳が再処理することを狙ってこの方法を試してみましょうと提案しました

 
目を動かしてくださいと言ったんですけれど
脳と目は強い関連性があるので目もちゃんと動かしてくださいね

 

このような感じで
厳密には色々と違うんでしょうけれど
当時の私にもわかりやすく原理や目的を教えてくれました

実際にやってみたらこれが中々辛くて
記憶を思い出過ぎて不安でたまらなくて締め付けられるようで
でも左右に目を動かして今いる空間を認識すると少し落ち着いてきて

 
少しだけ落ち着いてその当時の記憶を振り返ると
段々と自分にとって正当な評価が下せてきます

 
例えば

 
 仕事を辞める理由を伝えた時に
「仕事の要領が悪いからだ」と言われて
結構なトラウマになっていた記憶を振り返り続けると

 

会社において偉い人がレッテルを貼って寄ってたかって攻めてきたのは
自分たちの非を認めると社会的にまずいからなんだな

 

俺の心を折って有利に物事を進めようとしてたんだな

 

だって実際に仕事のミスもほぼなかったし
普通1時間かかる仕事も俺は30分で終わらせていた
なら客観的に見て要領良く仕事が出来ていたと言えるだろう

 

意識していたかは別に
年単位で仕事を中心に考えて行動してきた人に対して
仕事ができるという自信の柱を折るのはたしかに効果的だった

 

こんな感じです

自分にとって正当な評価と表現したのは
人間は自分を守ろうと自身の正当性を探そうとする生き物なのに
正当性の主張も自己弁護ができていない状況に陥っていたからです

 
EMDRをすることで

奥にしまい過ぎていた
凝り固まった記憶を取り出して

左右に動かす指を追うことで
自分が安全な場所にいると認識しながら過去の事を思い出す

安全圏にいるために攻撃が届く人がいないから
攻撃してきた人の目を気にせず自分を弁護することができる

私の認識はこんな感じなんですけれども
今思い出すとすごい合理的な考えだなと感じます

当時の私はそんなこと考えていなかったんですけれどね


何回かEMDRの治療を行ってもらってから

 

今度から不安に襲われたら
安全に思える場所で顔を動かさず眼球だけで部屋の左右を見て
安全な環境にいると言う事を脳にわからせてやってください

 

その時に自分からネガティブなことを思いだそうとしないでくださいね
EMDRは治療なので自分一人ではやらないでください
パニックになってしまうかもしれないので

 

こう言ってもらえて
回復手段が増えることになりました

かなしいかな


PTSDや鬱と言うものは中々治らないもので
今もお世話になっている回復手段の紹介でした

 

EMDRによる治療まで行いたい場合は
病院の先生にお話ししてみてはいかがでしょうか