私に似たあなたへ

毎週土曜日の19時頃に更新します。コメントも同じ曜日に返させていただきます。

1人暮らしをすると 親が嫌いではなくなりました

こんばんは竜之介です

 

半年前に

 

親が嫌いなことに戸惑いと罪悪感を感じるから
まずは親から離れて1人暮らしをする
といった内容の記事を書きました

www.inumonekomosuki.com

 

「実際に1人暮らしをすることで
 親が嫌いという感情がどうなったか報告します」

 

と言いつつ今までできてなかったので
今回お伝えします

 

結論からいいます。

親のことが嫌いではなくなりました

 

----

 

親から離れる前は職場との往復に
1時間20分かかっていたのを10分に短縮

 

お風呂でも食事でも部屋のレイアウトでも
自分の意志で決めることができる

 

集中している時に邪魔されなくなる
愚痴を聞かされないですむ
1人になれる

----

今まで回避不能に思えていたので
上記のことができるようになって本当にうれしいです

 

そのおかげでたまに会うくらいなら
親が嫌いではなくなりました

 

今までがおかしかったのだと今では思います

 

現在の日本はインフラも整っていて
一人でも生きていける環境があるのに
無理やり集団に自分を押し込めていたのです

 

大体の人は窮屈に感じて
解放を求めて攻撃的になりますよ

 

例えば

 

私は静かに自分一人でご飯を食べたいけれど

 

私の家族はできるだけ一緒にご飯を食べるべき
という考えがあるために

 

私は我慢をして家族とご飯を食べる間
耳に入れたくないテレビや家族の動く音や
租借音を聞いて緊張しながら食事をとっていました

 

それが辛くて自分のご飯を作って自室にもっていこう
とした時に家族の誰かに見つかると

 

また部屋で食べるんか
ご飯こぼさないようにね
と小言を言われるのです

 

1人で食べたい
誰かと食べるのが苦手
と何度伝えても言ってくるんです

 

私にとって食事だけでも
これだけの嫌なことがあったんです

 

それから解放されたのがたまらなく嬉しい
 

少し話が変わりますが

 

私が若干のアレルギーを持っている言葉に

多様性を認め合いましょう
寛容でありましょうという言葉がありますが

こうやって半ば強制されるのは寛容ではなく
互いに関与し過ぎないでバラバラにやるというのが

多様性を認める合うことであり
寛容という事ではないか

と今は感じます

こうやって書いてしまうと
「親が寛容でなかったせいだ」

と読みとれなくはないですが

大体私が悪いです
実際になじめない自分の方が悪い

 

Twitterにダイレクトメッセージが
1日10通きたら営業頑張ってるねと

そう思えるくらい
心に余裕ができました

親が嫌いなら1人暮らしをしましょう
親が嫌いではなくなりました

と言うお話でした。