私に似たあなたへ

毎週土曜日の19時頃に更新します。コメントも同じ曜日に返させていただきます。

PTSDから考える 強いメンタルを身に着ける方法

こんばんは竜之介です。


強いメンタルを身に着けたいと思いませんか?


実は私、ヤバイくらいメンタルが強かった時期があります


「メンタル強かったら精神障害にならないでしょ」

 

耳が痛い所ですが
うそじゃありません


彼らから離れてしまったせいで
私のメンタルは通常の強さに戻ってしまい


通常の強さで仕事に忙殺されてメンタルが崩壊し
精神障害者の仲間入りを果たしたわけです


そんな私が言うのもなんですが


再度お聞きします

 

強いメンタルを身に着けたいと思いませんか?

 

内緒で言うと
わたしは伝えたいです

 

メンタルが強いとすっごい自信がつきそうですよね
ぜひ手に入れたいですよね

 

と言う訳で今回は強いメンタルを身に着ける方法

 

カデゴリ的には約2か月ぶりに
自信をつけるためにした行動についてお話します


もったいぶっても何なので
結論から話します


他人に良い影響を与えるために行動すると
強いメンタルを持つことができます


なんかうさんくさいな?
と思いますよね


一応ではありますが
科学的な根拠はあります

 

この話をきいて行ってください


---

PTSD(心的外傷後ストレス障害)についてご存知でしょうか

 

「極度のトラウマ」のようなものです


この心の障害の研究はベトナム戦争が終わり
国に帰ってきたアメリカ兵士の多くにPTSDが見られ
社会問題になったことから大々的な研究が進められました

 

1955年~1975年の20年にも及ぶ
ベトナム戦争はアメリカ史上初の敗戦によって

 

多くの兵士が亡くなり
捕虜になる兵も多くいて
それはもう国中が荒れに荒れたそうで

 

終戦後に激しい
反戦デモが起こり
多くの市民が戦争を批判しました

 

兵士の目線は想像でしか語れませんが

 

自分たちはヒーローのつもりで
国のために自国民のために戦ったつもりだったのに


「私がやったのはただの人殺しだったのか」
「私は人間として最低のことをしたのか」

 

と社会が自分を責めているように感じたためか

 

逃げるように酒・麻薬・暴力・犯罪などが急増し
それが大きな社会問題になりました

 

この問題を皮切りに
PTSDに関する研究が加速したわけですね

 

研究を進める内に
ある疑問が生まれました


症状が出なかった人は何が違ったのかと言うことです


研究が進められ
PTSDにならなかった人たちには
ある共通の行動をとっていたことが解りました


戦争の中
「次は俺が殺される」
「国に帰れず、もう家族に会えないんだ」

 

と恐怖して錯乱し
泣け叫ぶ兵が多い中
PTSDにならなかった人がとった共通の行動


それは


他人を励ますことでした


「人を励ます余裕があるほど
 強い精神力の持ち主だから
 PTSDにかからず社会復帰できた」


と思いますか?


それも一つの答えだと思いますし
専門家の中でも意見はわかれていますが


精神が強いから他人を励ます余裕があったのではなく
他人を励ましたからこそ、自分の精神を守れた


というのが定説です
私もそう思います

 

この研究結果をお話したのは


他人に奉仕することは
自分の精神を守ることに繋がる

 

他人に良い影響を与えるために行動すると
強いメンタルを持つことができる

 

と言うことをに説得力を持たしたかったからです

 

また、この研究成果に説得力を持たせる例として
無人航空機の操縦者にPTSDの発症者が多いというデータがあるそうです

 

---

こちらでデータを発表されているそうなのですが
私は英語が堪能ではないため内容確認ができてないため
英語が得意でしたらご覧ください

P・W・シンガー: ロボットと戦争の未来 | TED Talk

---

 

隙あらば自分語りをしたいので
次は私の話をしましょう


何年か前
当時大学生だった私の場合


近所の地域猫の彼ら(彼女)のために

f:id:inumonekomosuki:20200404211618j:plain

 

公園のゴミ拾いをしたり
猫風邪ひいてる時はお薬もらってきたり
Amazonでブラシを買ってブラッシングしたり

 

雨や風がひどかったら不安で見に行ったり
地域の方とコミュニケーションをとったわけです


私にしては中々の行動力を発揮して


猫関係以外のことも

 

自分を変えようと行動して彼女まで作ったり
アフィリエイトのサイトを運営して収益をあげて
一時期不貞腐れたものの大学卒業までしがみついて

 

今となっては見る影もありませんが
その時は無敵かというくらい
つよつよメンタルでした

 

私みたいな豆腐のメンタルの持ち主が
行動力の化身のような動きっぷりをしていました。

 

猫に良い影響を与えようと行動しても
効果があったと言うことは

 

結婚されている方の場合なら


夫のために
子供のために
奥さんのために


と行動すると強いメンタルを
手に入れることができそうですね

 

母は強しと言う言葉を考えると


自分で生んだという意識が強い分
奥さんのメンタルは男性より強くなる傾向がある
と言うことからこの言葉が生まれたのかもしれませんね

 

---

 

自分語りをして
思ったことも書いて満足したので
最後にまとめを書いて終わりにしましょう

 

他人に良い影響を与えるために行動すると
強いメンタルを持つことができる


他人とは猫に対してでも効果があった

 

今回はそんな話でした。

 

----

ここまで書いて申し訳ないのですが
このベトナム戦争のPTSDの研究について
本やブログの記事で読んだというのは覚えていて

 

30分くらいキーワード検索で調べてみましたが
この研究成果のソースは見つけることができませんでした


この研究のソースをご存知の方が
いらっしゃいましたら教えてください。