私に似たあなたへ

毎週土曜日の19時頃に更新します。コメントも同じ曜日に返させていただきます。

動物性愛者について書かれた本『聖なるズー』を読んだ話

こんばんは竜之介です。

 

5日前に『聖なるズー
と言う本を友人から紹介されました

f:id:inumonekomosuki:20200201184742p:plain

 

動物性愛者
いわゆるズーフィリアについて
書いた本と言われ心惹かれました

 

動物と人間がセックスをしている獣姦物の
動画や画像、漫画を好んで探した時期もあるからです

 

その頃を思い返してみれば

 

性的興奮よりも先に
言葉で言い表せない好奇心
のようなものを強く刺激されたことを覚えています

 

当時も今も言葉で表現できなかった
好奇心のようなものの正体がわかるかもと思うと
関係するジャンルについて取り扱った本があると思うと

 

ついマウスが動かして注文をしていました

 

記念すべき今年初めて購入した本は
『聖なるズー』になりました

----

2日程経ってポストに届いていた本の包装を外して
一気に読んで1日経って再度読み返しました

 

私にしては短期間で同じ本を読み直すことは珍しく

 

それ程面白いと感じる
新たな発見と感性に触れることができる作品でした

 

まず素晴らしいと感じたのがプロローグ

 

大学生の時の筆者が性暴力・DVを受けた体験
「人間と動物とのセックス」について研究をするようになった動機を語ります

 

ただの興味本位でこのジャンルに触れた訳ではないことがわかる
読者を引き付けるのに効果的な良いプロローグでした

----

内容にしても

 

動物性愛者に感じる一種のねじれの正体は何か
動物性愛者はどうセックスと向き合っているのか
動物性愛者撲滅主義者の動物保護団体のスタッフとの話

 

ドイツの携帯もつながらない田舎町で
動物性愛者の男性の自宅に何泊もして
文字通り寝食を共にして行った取材内容

 

性暴力を受けたトラウマも癒えていないにも関わらず
その行動に移した時の筆者の心境

 

筆者のように信頼関係を築き上げなければ
一生知らなかったかもしれない話

 

等々

 

興味深いものばかりでした

-----
 

私の性癖を変な方向に捻じ曲っている
理由がわかったのも収穫でした。


私は不気味なみみず男に近いのでしょう。

 

正直人を選ぶ内容だと思いますが
私にとっては良い買い物をしました

 

今年初めて購入した本が
『聖なるズー』でよかったと思います

 

あなたも興味があれば読みましょう