私に似たあなたへ

毎週土曜日の19時頃に更新します。コメントも同じ曜日に返させていただきます。

バレンタインデーは元々乱交パーティーの日

こんばんは竜之介です。

 

私ならついクリックしてしまうであろう
タイトルをつけてしまいました

 

昨日は2月14日
俗にいうバレンタインデーでしたね

 

このバレンタインデーと言うものは
元々は乱交パーティーの日だったと説はご存知でしょうか?

 

古代ローマ帝国で誰彼構わず結婚の仲介をしてしまう
ヴァレンティヌスと言う結婚仲介人が処刑された日だから
『彼こそ愛の使者だ』と言うことでヴァレンティヌスの日となり

 

今ではバレンタインデーになった
と言う説はおそらくご存知でしょう

 

現代の感覚だと処刑はやり過ぎだと感じますが

 

兵士の士気が下がりそうと言うことで
皇帝が兵士の結婚を禁止していたにも関わらず

 

皇帝の意向を無視して兵士まで結婚の仲介をするので
軍事力を割こうとしていると取られて処刑されたわけです

 

当時としては本当に問題だったのでしょうね

 

少し脱線しました

 

2月14日は元々乱交パーティーの日だった
かもしれないという話をしたかったんです

 

と言うのも

 

ヴァレンティヌスは異教徒の祭りを潰すために
都合よくキリスト教に担ぎ出されただけだった

 

と言う説があります。

 

元々古代ローマには
2月15日に「ルペルカリア祭」と言う

 

食料がたくさんとれますように
たくさん子供が生まれますように と祈る

 

日本でもありがちな祭りがあったわけです

 

『2月15日ならバレンタインデーと関係ないじゃん』
と思いますよね

 

まだ話には続きがあります

 

この『ルペルカリア祭』
中々大きな祭りだったらしく

 

前日の2月14日にも前夜祭があったわけです

 

この2月14日の前夜祭が
キリスト教からすると問題でした

 

この前夜祭がすごい乱れてたらしく

 

祭りの勢いで淫猥なくんずほぐれつ
うれしはずかしなことが繰り広げられたとか何とか

 

それを見たキリスト教が
『異教徒は野蛮だな』
『けしからんから潰したろ』

の精神でつぶしたがるけれど

 

人間の性欲と言うのは今も昔も凄まじいもので
祭り自体にすごい人気があったせいで

 

いくらキリスト教と言っても
即断即決で中止と言う訳にもいかず


そこでキリスト教はヴァレンティヌスが処刑されたのが
2月14日だったのを持ち出して


『ヴァレンティヌスの死を弔っているんだよね?』
『そんな日にけしからんことしてないよね?』


と存在を潰そうと
隠そうとしたわけです。


この目論見が成功して

 

キリスト教の勝利
ルペルカリア祭は敗北

 
クリスマス同様
現代ではバレンタインデーだけが残った


という説があるという話をしたかっただけです

 

もう何千年も前の話なので
色々ねじ曲がって伝わっているのでしょうが


面白い説ですよね。
こう言う話好きなんです


参考にした本は昔見たものなので忘れてしまったので
参考にしたURLだけは貼っておきます

 

興味があればみてみましょう。

natgeo.nikkeibp.co.jp

family.gr.jp

ja.wikipedia.org