私に似たあなたへ

毎週土曜日の19時頃に更新します。コメントも同じ曜日に返させていただきます。

危険な自信の持ち方

こんばんは竜之介です。

 

今回は危険な自信の持ち方について
あなたにお伝えしたいと思います

 

この危険な自信の持ち方を
知っておかないとかなり落ち込んでしまいます

 

この危険な自信を中心に置いていると
簡単に心がポキッと折れてしまうことだってあります

 

でも今のうちに知っておけば
ダメージを抑えることができます

 

せいぜいフニャっとなるくらいでしょう

 

ですので
ぜひ知っておいてもらいたいです

 

早速本題に入りましょう

 

危険な自信の持ち方とは何か

 

・・・・

 

他人からの評価 です

 

「は?」
と思いますよね

 

他人からの評価で自信を持つな

と言うつもりはありません

 

他人からの評価は気まぐれだから
中心に置かない方が良いと伝えたいです

 

と言うのも
他人から与えられた自信と言うのは
あまりにも弱くもろいです

 

学校の休み時間に作った
真夏の砂の城くらいのもろさです

 

ネットの匿名掲示板
一生大事にする
行けたら行く

 

くらいの信用度と考えておいてもいいです

 

例えば

 

「あなたはすごい才能がある」
「あなたはとても勉強ができる」
「あなたはスポーツが得意なんだね」

 

このようなことを
言われたことがあると思います

 

ですが
「通知表の評価が前より落ちている」
「前の計測から変わってない」

 

と言ったようなことも
言われたことがあるはずです

 

成績や周りからの評価が下がった瞬間
簡単に自信が低下してしまいます

 

毎回結果を出せる人なんていないのに

 

他人の結果への評価で
簡単に自信が上がり下がりするんです

 

今までのことを思い出してください

 

親も先生も他の人も
あることをすれば褒めてくれて
あることをすれば叱るか怒ってきます

 

前褒めてくれたことをしても
怒られることがあります

 

時と場合
他人の感情でも簡単に
自信が上がり下がりします

 

仕事だってそうです

 

「あなたは仕事が早いね」
「あなたはすごい仕事できるね」

と言って自信を植え付けておきながら

 

「仕事が遅いんじゃないの?」
「あなたの仕事の段取りが悪いだけじゃないの?」

と手のひら返しすることは珍しくありません。

 

俺は他人が1時間かかる仕事を
同じ精度で30分で終わらせることができている
その能力があると裏付ける資格だって持っている

 

だから俺の仕事が遅いわけじゃないし
俺の段取りが悪いわけじゃない

 

と言い返したとしても
相手は私を肯定することはありません

 

もし他人からの評価を自信の中心に
置いていたら心が折れてしまう事だってあります

 

・・・・

 

他人の評価で与えられる自信と言うのは

 

とても気まぐれで
時と場合、結果と感情などで
簡単に評価が上下して振り回される

 

自信の上がり下がりは辛いので
他人からの評価で得られる自信を
中心に置かない方が良い

 

というお話でした。